無料ブログはココログ

ニュース

ロシアの隕石落下の天文的な事件が商機に?! タオバオで隕石を扱う店舗が急増


Yunshi

2月15日、ロシアのチェリャビンスク州で隕石が落下し多数のけが人を出した。この天文的事件が、ネットビジネスになっていると話題である。


この隕石落下後、タオバオ(中国最大インターネットショッピングモール)で、突然隕石専門店が出現したらしい。タオバオで隕石を検索すると、一万を超える商品が見つかり、安いもので1元、高いものだと1000万元を超えるものまであり驚きだ。


隕石の専門家は、ネットで販売されている隕石の9割はニセモノであると指摘する。残りの1割は本物であっても金よりさらに高いものだと言う。さらに身の回りにあるものでもなく一般人に鑑別は不可能のため容易に手を出しては危険だと警鐘を鳴らす。


Link 推奨記事を読む

◇ 参考リンク(中国語)

◇ タオバオで隕石を検索

◇ ロシア隕石落下:ブーム来た…見物客殺到、ツアー計画も (毎日JP)

クーポン共同購入サイトグルーポン 中国に進出へ QQで有名なTencent(騰訊)と提携


Gaopeng


クーポン共同購入サイト グルーポンといえば日本のおせち騒動で一躍有名になりましたが, そのグルーポンがついに2月28日中国進出を果たしたというニュースがあったので紹介する。


(ちなみに以前から中国進出の話はあったが、メール流出事件などでグルーポンの恐るべき“規則”がサービス開始前にどんどん暴かれ、終いには副総裁 Mars任鑫辞任、プレオープンだったサイトも閉鎖され、進出断念か? と思われた後の進出ニュースだ)


 参考1 http://www.cnbeta.com/articles/135890.htm
 参考2 http://www.techweb.com.cn/people/2011-02-14/866253.shtml


中国語名のグルーポンは「高朋」(gao peng)日本語で発音すると「ガオポン」で中国名としては悪くない。URLアドレスは www.gaopeng.com がすでにサービスを開始している。ただし現在のところトップページはメール会員登録と会社情報など数ページのみとなっている。その画面でわかることはサービスを行う都市として, 北京, 上海, 広州, 深セン, 成都, 杭州, 武漢, 重慶, 天津, 南京と蘇州の11都市であることだ。


中国には早いうちから共同購入サイトが乱立を極めており、グルーポンが進出する余地はないと思っていたが、あのQQメッセンジャーでおなじみのTencent(騰訊)と提携したとのこと。


若者に絶大の支持があるTencentと、おせちで悪評を振りまいたことで有名となったグルーポンの提携、今後の動向が気になる。



Link 推奨記事を読む

◇ 意外に高い中国人中高年齢のインターネットリテラシー【投票結果】

2010年Baidu World(百度世界)カンファレンスは9月2日 目玉はBox Computing? それとも・・・


Boxcomp


来る9月2日、北京のチャイナワールドホテルで一年に一度のBaidu World(中国名「百度世界」が開催される。これは百度(バイドゥ)だけの祭典だけでなく、全世界の検索業界、中国インターネットのこれからの展望、超エリート技術者、開発者、業界メーカーひいては百度ファンまでが一堂に会する祭典である。



今回の目玉もやはり前回、百度創始者 李彦宏が披露したはBox Computing(框计算)技術だろう。過去一年で、Box Computingはすでに400の協力パートナー、600のアプリケーションがあり、平均して一日に2個の新しいアプリが登場している。


Box Computingはすでに百度上検索に組み込まれている。たとえば「天气」、「列车时刻表」、「工程师招聘」(エンジニア求人)などの特定キーワードを検索すると、Box Computingテクノロジーのロゴ(上記画像)が出現して、利用者に高品質な検索体験を与えてくれる。

Openbaidu

リンク先のURLは open.baidu.com となっているようだ


カンファレンスの日程表から見るに、今回のテーマは「オープン」、これからもっとBox Computingが加速し行くことは間違いなく、開発者の関心を呼びそうだ。


ただ残念なのは、门票(チケット)は早々に売り切れた。去年の4倍の価格をつけたにもかかわらずである。。。


これからも中国のIT動向には目が欠かせない。


Link 関連記事を読む

◇ 百度(バイドゥ)が携帯OS分野に進出 アンドロイドに対抗

◇ 百度世界2010 公式サイト

アンドロイド端末にスーパーコンピュータの計算能力を! MITが開発


Spc



こちらの記事を翻訳、抜粋し転載

マサチューセッツ工科大学(MIT)とテキサス先端計算センターは共同で、アンドロイドスマートフォンにスーパーコンピュータの計算能力を持たせることのできるアプリケーションを開発した。


研究員はスーパーコンピュータ「Ranger」上で一連のシミュレーションを行い、「シンプルモデル」(アンドロイドでも計算可能なように低次元化させたモデル)データを伝送し、アンドロイド上でさまざまな問題を解決し、さらに計算結果を可視化させることも可能になった。


このことは、次数低減モデル(Order-reduced model)によって携帯機器上で複雑な問題をリアルタイムで解決でき、信頼性あるシミュレーションの潜在力を証明したことになる。


小型機器を利用して計算問題を解くことは特に目新しいものではないが、MIT研究員は新たにエラー範囲(margin of error)システムを導入し、解決方法と評価結果が正確なものかを判断する判断基準を与えることに成功した。


MIT研究員のDavid Knezevicは、

「研究者は常にスーパーコンピュータを使用できる状態にある必要はない。一旦、「シンプルモデル」を作成しておけば、携帯端末上でも計算タスクを解決できる。私たちはシンプルモデルのエラーを一定の範囲内に制御できれば、責任を持って、私たちは携帯端末上で強大な計算タスクを実行できると言える。」

と語っている。

アンドロイドネタで飛びついたニュースでした。私たちの身の回りの便利なものはすべてスーパーコンピュータによる解析で安全性や信頼性が確かめられたものが多く、研究者にとってそのスーパーコンピュータの計算能力がアンドロイドのような小型デバイスでも使用できるとなったら、どんな未来が待っているのでしょうか?


Link 関連記事を読む

◇ 百度(バイドゥ)が携帯OS分野に進出 アンドロイドに対抗

◇ アンドロイドOSが抱えるジレンマ バージョン3.0で標準化は必須? 【転載】

グーグルが自社ブラウザ”Chrome”のセキュリティホール探しに懸賞金 最高1337ドル

Guge

1月31日グーグルはセキュリティ会社に対して奨励金を出して、自社ブラウザ”Chrome”のセキュリティーホールを探してもらうと発表した。

奨励金額は500ドルから1337ドルで、問題点を見つけ出し報告した場合に得られる。ちなみに1337の数字はLeetというハッカーが好んで使う言語(詳しくはeyeWikipedia参照)から来ている。


セキュリティーホールやバグに懸賞金をかけることには、ただ問題を第三者に見つけてもらう動機付けになるだけでなく、悪意を持った集団などにバグを発見した人が情報提供してしまわない方法として非常に有効である。


昔の話で(今も続いているか知らないが)クヌース先生のeyeTeXはバグが見つかるたびに2倍の懸賞金を払うことど有名でした。ちょっと検索してみると、FireFoxで知られるMozillaやマイクロソフトも採用しているようだ。


Chrome OS、Google Apps、Androidなど画期的なツールを世界に提供していくグーグルにとって、セキュリティは第1に考えなければならない問題。その対策として懸賞金をかけたはいいが、バグ発見の対価がバブルを起こさないことを祈るかぎりだ。



中国市場からの撤退が噂されるGoogle『中国語名:谷歌』 ホリデーロゴが中国の「四大発明」/中国Googleの特別なサービス紹介

Gcn_2

「グーグルが中国市場からの撤退の可能性!!」というニュースが出た次の日(1月14日)、Googleのホリデーロゴが中国の「四大発明」に変わった。(現在15日も依然として)


※「四大発明」とは紙・印刷術・羅針盤・火薬で、人類文明の発展となる重要な発明と言われている。


インターネットは文明を進化させる新たな利器。それを支える技術の大半を持っているGoogle。Googleがトップページに「四大発明」を添えたのは、果たして畏敬か、はたまた抗議か


無邪気(周りから見れば)がゆえに中国政府と敢えてあのような姿勢をとる、無謀だがだけど応援したくなる、だけど中国でGoolgeサービスが使えなくなるのも困りもの。今後の行方が気になる。




中国グーグルで利用できるサービスをみれば、どれだけグーグルの中国進出のローカライズ作業に苦労した(技術面だけでなく、文化面も)かがわかる。今朝の上海地下鉄無料新聞でも中国市場での利益は年10億ドルと世界全体に占める割合からみても非常に低い。そこには中国企業の存在があまりに大きく、シェアを奪えない焦りも感じる(最近上海地下鉄車内にはなんとグーグルが広告も出しているくらいだ。なぜか上海語表記)。

少し中国グーグルで利用できるサービスを列挙してみた。

G_cn_2
中国グーグルトップページ (HTTP://G.CN)

G_cn2

265
265导航 中国国内ポータルサイト(265.com買収)を取り込む

2008年5月28日、中国Googleは中国国内ポータルサイト(265.com)を買収し、グーグルトップページから直接リンクをつけている。ポータルサイト内には検索サイト「百度」、大手ポータルサイト「网易」「新浪」「搜狐」、動画サイト「优酷网」「土豆网」、ソフトウェアダウンロードサイト「天空软件」、シェアNo1メッセンジャーソフト「QQ」、他多数がある。

参考: 中国Google:265.comサイトを買収



Music
谷歌音乐 世界中の無料音楽配信
2005年12月15日、「Google Music」という新サービスを立ち上げた。Top100.cnと提携、広告支援モデルによる無料音楽ダウンロードサービスを中国で提供している。検索してすぐに楽曲再生可能となる。提供楽曲も膨大。ちなみに中国ではMP3がダウンロードし放題という状況がある。

参考: Google、無料音楽ダウンロード サービスを中国で開始

G_cn5
グーグルミュージックトップページ

G_cn4
検索結果画面

G_cn3
プレーヤー画面




Gouwu
グーグルショッピング いわゆる価格.com
はっきり言うと、ここで買う人いるの? という感じ。




G_cn6

Shipin
グーグル動画 世界でおそらく唯一Youtubeではない

中国ではYoutubeへのアクセスが封鎖されている。著作権的に問題のある国内サイト「优酷网」「土豆网」などから動画を横断検索できる。おそらく「百度動画」のほうがシェアが高い。




Addrgn
G.CN アドレス長はたった4文字

1文字CNドメインは当然早期に取得されていたため、グーグルは2000万ドルで買い取ったという噂(265.comとのセット価格?)


あの緑[土覇]フィルタリングソフト アメリカ企業に22億ドルの損害賠償を訴えられる

Lvba

1月6日、アメリカのソフトウェア会社Cybersitter(ロサンゼルス)が中国とパソコンメーカー7社に対して、コード盗用されたとして22億ドル!の損害賠償を要求しているニュースがあった。


盗用したとされるソフトウェアは、昨年6月頃、中国国内で販売されるパソコンにフィルタリングソフトの搭載を義務化と世間を騒がせた、あの「緑[土覇]-花季護航」 (中国語:绿坝-花季护航、英語:Green Dam Youth Escort、通称「グリーンダム」)。
日本でも擬人化で知っている人も多いと思う。


訴えられられたPCメーカーは、ソニー、レノボ、東芝など日本でも知られる大手が含まれている。義務化されて渋々プリインストールに組み込んだメーカーとしては頭の痛い問題が降ってきたことになる。


モトローラ LiMo(Linux Mobile Foundation)から脱退 携帯市場でもGoogle Androidが制覇か?

Limo

LoMoとはLinuxベースの携帯端末プラットフォームの策定、推進を目的とする団体で、2007年に米モトローラ・NEC・NTTドコモ・パナソニック モバイルコミュニケーションズ・韓国サムスン電子・英ボーダフォンによって設立された。


それまで携帯端末は各社が独自のプラットフォームを構築していたため、アプリケーション等の転用性にとぼしく膨大なコストがかかっていた。そこにオープンな開発思想をもったLinuxが有望視されはじめたのは当然の成り行きだった。日本の大手も賛同していた。しかしLiMo構想とは別に巨人グーグルもAndroidという同様の構想でしかも無償の携帯端末プラットフォームと開発環境を提供を始めたことや、LiMo賛同各社のそれぞれの思惑(あくまで予想)で徐々にLiMoは陰りを見せ始めた。


そこにきて今回モトローラのLiMo脱退を表明、事実上携帯市場でもGoogleに軍配が上がった。Android OSは中国のoPhoneにも採用されており中国移動の強力な後押しもあり、今後もっとの拡大を進めるだろう。


Link 関連記事を読む


◇ iPhone VS oPhone = Apple VS Google = 中国聯通 VS 中国移動
◇ Android (プラットフォーム) ウィキペディアより



2010年ツールドフランス:ランスアームストロング、現所属チームアスタナから脱退を正式に発表

Armstrong_contador


新浪体育(sina.com.cn)によると、ツールドフランスで7連覇の偉業を達成したランスアームストロング(37歳)が2010年のツールも参加を表明した。現アスタナの監督ヨハン・ブリュイネールのつながりもあり、新チームでの参加になりそうである(ブリュイネールは既にアスタナ脱退を表明しており、新しいスポンサーを探している)。


ランスは個人ブログで、「2010年大会の参加はクールな決定だ、アメリカのスポンサーによるチームとなるだろう」と書いている。さらにインタビューでは「ブリュイネールを除いて、他の人のために仕事は絶対できない」と毅然とした態度で答えたそうである。


阿姆斯特朗正式宣布战2010环法 离开现车队成定局



ツールドフランス銃撃事件 選手二人が怪我

Fureire_2


新浪体育(sina.com.cn)によるとツールドフランス第13ステージ中に選手が銃撃されるという衝撃の事件が発生したことを伝えました。


事件はレース中165キロ地点で起こりました。銃弾を受けた選手は2名。一人はガーミン・スリップストリームのニュージーランド人選手ジュリアン・ディーン。もう一人はラボバンクのスペイン人選手で世界チャンピオンのオスカル・フレイレ。ディーン選手は左手の指に、一方フレイレは太ももに命中しました。両選手とも次ステージの参加に影響はないほどの軽症だったそうです。


フレイレは3発の銃声の後に痛みを感じたとスポークスマンを通じ発表しており、試合後に銃弾を摘出したそうです。使用された銃はエアガンかペレット銃で、現在警察が調査中とのこと。


环法枪击案件三届世界冠军受伤 弗雷尔展示伤口(图)