無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2012年3月 »

2011年11月

レノボ、Thinkpadタブレットをアンドロイド4.0にアップグレード予定


Lenovo


最近アンドロイド4.0 "Ice Cream Sandwich"へのアップデート予定をスマートフォンメーカー各社がこぞって発表している。こちらの記事(中国語)によると、レノボのThinkpadの名前を冠したタブレットもアップデート予定であることを発表したらしい。その情報によれば、リリース次期は来年になるとのこと。


レノボのThinkpad タブレットは市場でなかなか見かけないビジネスモデルのタブレットマシンだ。専用キーボードやスタイラスタによる拡張性だけでなく、20を超えるビジネスソフト+セキュリティソフトを搭載し、ビジネスマンご用達のデバイスだ。


スペックもNVIDIA Tegra 2ダブルコアCPU、1GBのメモリ、10.1インチ、1280×800のディスプレイ、500万画素の自動焦点カメラなど充実したタブレットに仕上がっている。


現在香港で発売中で、16GB WiFiモデル、32GB WiFiモデル、32GB 3G+WiFiモデルの3種類がある。


Padfamilythinkpad


Link 推奨記事を読む

◇ インテル、スマートフォン向けCPUシェア奪回の戦略

◇ アンドロイド4.0にアップデート可能なHTC機種一覧

アンドロイド4.0にアップデート可能なHTC機種一覧


40


アンドロイドの最新バージョン4.0、コードネーム"Ice Cream Sandwich"がリリースされるようですが、世界最大のスマートフォン製造メーカーHTCが最近、自社製品でまず4.0にアップデート可能な機種を発表していました。あなたの手持ちの機種が対象かどうかチェックしてみましょう。


下記は対象機種一覧

Sensation、Sensation XL、Sensation XE、Rezound、EVO 3D、EVO 4G、Amaze 4G


ここに載らなかったその他の機種についても、今後HTCはアップグレード可能か評価していくと発表しています。リストを見て、がっかりした方も希望を捨てないで!


Link 推奨記事を読む

◇ インテル、スマートフォン向けCPUシェア奪回の戦略

◇ 【MWC 2011】 HTC初のアンドロイドタブレットPCを発表!!【写真あり】

上海北京地下鉄仮装大賞?


金ちゃんの仮装大賞が中国に進出か?はたまたハロウィーンか と思わせる写真の数々をどうぞ


Jidan


Badman


Gandamu


Niu



Link 関連記事を読む

◇ その他画像多数

◇ 中国、旧正月明け仕事始めの日 いたるところで爆竹が景気よく鳴らされる風景は圧巻 【写真有り】

インテル、スマートフォン向けCPUシェア奪回の戦略::X86アーキテクチャ上でアンドロイド4.0をサポートする見通し


S2011091408384787

インテル、スマートフォン向けCPUシェア奪回の戦略。X86アーキテクチャ上でアンドロイド4.0をサポートする見通しであると発表したとのニュースがあったので紹介する。参考は記事下のリンク(中国語)。当記事はその抄訳である。

海外メディアの報道によると、アメリカ半導体メーカーのインテルとミップス・テクノロジーズが、アンドロイド4.0を彼らのCPUを搭載したタブレットPC上で動作させる見通しであると発表した。アンドロイド4.0といえばグーグルが先月、サムソンのGALAXY NEXUS(ARMチップ搭載)でお披露目をしたコードネーム"Ice Cream Sandwich"だ。今のところ多くのスマートフォンやタブレットPCはARMアーキテクチャを採用したCPUを採用している。GALAXY NEXUSは今月アメリカ、ヨーロッパとアジア市場に上陸予定だ。


PC市場の巨人インテルでも、モバイル市場ではまったくシェアを持っていない。そのためインテルとミップス・テクノロジーズのようなCPUメーカーはアンドロイドを自社のチップで動作させることに躍起になるのも無理はないだろう。


MeeGo(Linuxベースの携帯機器向けオープンソースOSプロジェクト)をあきらめて、グーグルと協力し自社チップ上で稼動するアンドロイドの開発を行ってきた成果がもうすぐ見られるわけである。


これまでスマートフォンのチップメーカーのシェアはARMが独占していたが、巨人インテルの巻き返しはなるか見守っていきたい。



Link 推奨記事を読む

◇ 参考リンク(中国語)

◇ ARMアーキテクチャとは

« 2011年3月 | トップページ | 2012年3月 »