無料ブログはココログ

« アンドロイドOSが抱えるジレンマ バージョン3.0で標準化は必須? 【転載】 | トップページ | アップルiOS アメリカのモバイル広告申請数55%で第1位 アンドロイドは第2位 »

百度(バイドゥ)が携帯OS分野に進出 アンドロイドに対抗


Baidu


こちらの記事を翻訳、抜粋し転載

グーグルのアンドロイドが盛り上がりを見せる中、最近中国検索最大手の百度(バイドゥ)が独自の携帯OSをリリースする噂が飛び交っている。

百度は中国国内デスクトップ検索市場シェアNo1(70%以上)を占める一方、モバイル検索、携帯電話入力ソフトウェア(Input Method:手機輸入法)のシェアは低い。そのため携帯OS進出によってモバイル市場を開拓していくのは非常に理にかなっているといえる。


「携帯でインターネットを利用する人たちはブラウザにUCweb(中国のモバイル向けブラウザ)があることを知らないかもしれないし、中国語入力に捜狗輸入法(Sogou Pinyin Input Method)を知らないかもしれない。そこで百度は携帯OSを提供すると共にそれらの基本アプリケーションやサービスをバンドルさせてシェア拡大を図る必要がある。」  そう話すのは艾媒市場リサーチ会社総裁の張毅。同氏はさらに

「グーグルもそうして非常に成功した。豊富な資金で開発を進める百度もこの分野に進出するのは時間の問題である。」 とも語っている。


2009年、百度創始者である李彦宏はかつてウォール・ストリート・ジャーナルからインタービューを受けたことがあり、彼は当時、グーグルのChromeOSのようなものを作りたいと考えていたことを明かしたことがあった。


「グーグルが幅を利かせる中、百度のシェア拡大の可能性はあるのか?」という質問に、張毅は「このような状況下で百度はアプリケーションレベルの商品を避けて、携帯OSから攻め百度のソフトウェアやサービスを押し広めていきたい。」  と答えている。

確かに今のところスマートフォン市場においてアンドロイド勢力は強大であるが、まだ寡頭独占には至っていない。誰かが仕掛けるべきである。


しかしある業界関係者からも、メーカーのサポートが得られないと当然携帯OS開発は困難を極める、百度に対して慎重さを求める声や、政府の後押しが極めて重要という声が出ている。

などなど以下省略・・・


アンドロイドを無料で配布し、インターネットのパイを最大化し後で収益をたくらむグーグル。そこに一石を投じる中国企業 百度。 一筋縄ではいかない後追いのOS開拓宣言、技術・戦略も大胆さも今の日本にはマネのできないまで実力の差が開いてしまった感が否めない。寂しい限りですね。


Yahoo、Goo、Infoseek、Livedoor。。。 Windows95時代にデスクトップブラウザのスタートページを獲得しようとしていた企業は、今アンドロイドやiPhoneがでても検索玄関である、ウィジットひとつ出さないのは不思議でなりません。


百度も無料検索・広告収益モデルでグーグルと同じ。ただグーグルがパイ獲得に動いているのを黙ってみなかった百度は、すぐさまアンドロイド向け検索ウィジットを公開しました。そのへんの対応(いい意味で)が今の日本企業に足りない精神かもしれない。


Link 関連記事を読む

◇ アンドロイドOSが抱えるジレンマ バージョン3.0で標準化は必須? 【転載】

◇ 淘宝網(タオバオ) アンドロイド向けアプリを配布 【転載】

◇ アンドロイド携帯の出荷量は561%UP↑ 【転載】

« アンドロイドOSが抱えるジレンマ バージョン3.0で標準化は必須? 【転載】 | トップページ | アップルiOS アメリカのモバイル広告申請数55%で第1位 アンドロイドは第2位 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

平野 敦士 カールと アンドレイ・ハギウの「プラットフォーム戦略」ですね。
アマゾンのキンドルがいくら売れようと、アップルのiPhoneやiPadがいくら売れようと日本に落ちる金はわずか、それなら政府が海外製品を締め出し、ソニーやシャープなどの国産デバイスに厚遇させるのは・・・ だめかな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1245737/36247873

この記事へのトラックバック一覧です: 百度(バイドゥ)が携帯OS分野に進出 アンドロイドに対抗:

« アンドロイドOSが抱えるジレンマ バージョン3.0で標準化は必須? 【転載】 | トップページ | アップルiOS アメリカのモバイル広告申請数55%で第1位 アンドロイドは第2位 »